今に生きる菅江真澄こと、秋田のとんじい、よもやま徘徊日記 公園と森の散歩、秋田の祭り、行事、踊り

古地名

TOP>here

文字サイズ:

 信濃 

信濃国(しなののくに)は、東山道に位置する。領域は現在の長野県とほぼ同じ

旧神坂村・旧山口村が岐阜県中津川市に編入される等の微妙な差異はある)。信州(しんしゅう)と呼ぶこともある。 ...

 尾張

尾張国(おわりのくに)は、日本のかつての地方行政区分である国の一つであり

東海道の西部,現在の愛知県西部である。尾州(びしゅう)と呼ぶこともある。

 越後

越後国(えちごのくに)は、五畿七道では北陸道に属する。現在の新潟県本州部分にあたる。

 出羽

範囲は今日の山形県と秋田県にほぼ相当するが、秋田県北東の鹿角市と小坂町(鹿角郡)は含まれない。

羽州(うしゅう)とも呼ばれた。明治に羽前国と羽後国に分割されたため、以後、両羽とも呼ばれた。

 陸奥

陸奥国(むつのくに)は、明治以前の日本の地方区分である国の一つである。

奥州(おうしゅう)とも呼ばれた。

中央政権に新規に服従した地域を同国に含めていったため、時期によって範囲は変わる。

だいたい現在の福島県、宮城県、岩手県、青森県と、秋田県北東の鹿角市と小坂町をふくむ

明治元年12月7日(西暦1869年1月19日)に出羽国と共に分割され、青森県と岩手県二戸郡にかけての地域に縮小された

 蝦夷

蝦夷(えみし、えびす、えぞ)は、日本列島の東方、北方に住む人々をいい、

日本人によって異なる民族とされていた人々に対する呼び方である。

時代によりその範囲が変化している。福島より北は蝦夷と呼ばれていたらしい

近世の蝦夷(えぞ)はアイヌ人を指す。




 勝地臨毫

"勝地臨毫"とは、景色の良い所を筆をもってかき記すことで

当時の秋田藩領六郡のうち、雄勝郡・秋田郡・河辺郡の三郡を計184図に描いています。



powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional